航路延長koro encyo

2016年に活動を開始。

舞台芸術・工芸・食などを通して日本と海外のネットワークを構築し、そこから生まれるコミュニケーションによって新たな経験と価値を提供して行くことを活動趣旨としている。

活動略歴

 

2017年1月6日~9日 『極楽鳥の森』 日置あつしソロ舞踊作品 

      会場:京都・アトリエ劇研

                     主催:極楽鳥の森上演実行委員会、プロダクション航路延長

         京都芸術センター制作支援事業 

 

2017年1月29日 テレジーナトーホクプロジェクト『極楽鳥の森』 ブラジル上演

      会場:ブラジル テレジーナ・CAMPO

         掲載記事:http://www.revistarevestres.com.br/novas/campo-recebe-danca-do-japao/

      主催: プロダクション航路延長、Marcelo Evelin/Demolition Incorporada

 

2017年4月25日 京都国際ダンスワークショップフェスティバル2017年関連企画

      〜Inter -Action!!キック オフ イベント〜『Welcome to Paradice!!』

      会場:アンスティチュ・フランセ京都 

      主催: プロダクション航路延長、一般社団法人Dance&Environment

         協力:アンスティチュ・フランセ関西 、京都芸術センター

 

2017年9月9,10日 日置あつし 日本舞踊ダンスワークショップ inベルリン

      会場:MARAMEO(Wallstraße 32, 10179 Berlin )

      主催:Paula Rosolen/Haptic Hide, MARAMEO Berlin

 

2017年9月22,23日 『Puppets』Paula Rosolen / Haptic Hide
      会場:パリ市立劇場(フランス)

      主催:パリ市立劇場 Théâtre de la Ville ,Paula Rosolen/Haptic Hide

      協力:プロダクション航路延長

 

2017年11月 『ボンバスティカ-bombástica-』Marcelo Evelin & 日置あつし 共同制作

             11月19日トライアウト上演ボンバスティカ-bombástica-』Marcelo Evelin & 日置あつし

      会場:FORUM KYOTO    http://www.forumkyoto.com/

      主催 /プロダクション航路延長,   Marcelo Evelin/Demolition Incorporada

      共催 / FORUM KYOTO

      協力 / Alexandre Le burn champagne

        

       京都芸術センター制作支援事

2018年3月23.24日 『Singularity』 Atsushi Heki

                                   Dancer:Lim Pei Ern

                        会場:DPAC.(Damansara performing Arts Center)

日置あつし​ 

​Atsushi Heki  

振付・舞踊家。日本舞踊の素養から新しい価値観のコンテンポラリーダンス作品を創作。古典から現代、日本から世界へ、時空を飛び越え航路を探していく。

He was born in Kyoto.He is a Japanese traditional and contemporary dancer and choreographer.His latest work “Bird of Paradise” was performed at Kyoto and CAMPO at Teresina (Sao Paulo Japan Foundation /Marcelo Evelin | Demolition Incorporada). Other pieces were performed at Kyoto Experiment Fringe/ ASIA TRI JOGJA(Jogjakarta) / fifoo Program Festival (Vienna) / Kyoto Contemporary Dance Workshop Festival 20th GARA Concert / Institut Francais Kansai (Kyoto) . As a dancer,he has worked with Paula Rosolen, Luis Garay, Senrei Nishikawa among others.

​日置美緒​ Mio Heki

漆芸家、修復師、ジュエリーアーティスト

​文化財の修復から、新しいものの創作まで、広く文化芸術の可能性を探求している。

手から手へ「私は自然の恵みからもたらされる魅力溢れる豊かな私たちの営みと文化、悠久の先人より引き継いできた素晴らしい知恵をとても大事だと深く感じています。」

国宝・重要文化財/歴史建築・仏像・祇園祭山鉾・古美術の修理修復、茶道具・陶磁器の金継、独創に満ちた漆塗りの注文等を、伝統を超えた美しさに仕上げるアトリエひふみ主宰。2015年よりパリ、アムステルダム、マドリード等、世界主要都市でオリジナルジュエリー展示や金継・漆WSを開催。日々湧き出るアイデアから世界的舞踊家の身体を美しく飾る装飾、格調高い舞台芸術の為の独創的美術、海外著名芸術家との舞台作品創作も行う。

国宝・文化財等御修造:京都迎賓館、醍醐寺、明王院、成満寺、岩清水八幡宮、高林寺、東長寺、五稜郭、東本願寺、西本願寺、談山神社、龍泉寺、北観音山飾り、獅子狛犬金箔プラチナ箔仕上げ、御仏像等

She restores national treasury buildings and important cultural properties in Japan.

In 2016, she established ‘urushi atelier hifumi’ in Kyoto, where she does a variety of work with Urushi ( a Japanese lacquer from Urushi tree sap). Works such as restoring lacquer ware Kintsugi (repairing broken ceramics and pottery with uriushi), repairing or restoring antiques, making custom ordered lacquer ware, creating jewellery, and holding workshops.

 Through these workshops (Urushi and Kintsugi) , she would like to introduce people to Urushi - as a material which was inherited from ancient Japan – and show how interesting Urushi lacquer and the Japanese lacquer technique can be.

 She thinks that Urushi (the gift from Mother Nature) is a very attractive and important material, as it holds the traditional way of life and history of Japan.

She also respects the wisdom of the ancestors. Traditions and art, both ancient and modern are her interests.

 In the performing arts field, she makes accessories, ornaments, special ordered tools and also apparatus for dancers and works to co -produce artworks with fellow artists.

© 2016 production koroencyo 航路延長