日置あつし Solo Dance 横浜公演 京都公演

2018

『bombástica・彼岸の桜・極楽鳥の森』

             /共同制作マルセロ・エヴェリン

Atsushi Heki Solo Dance  in Yokohama  / co-creation Marcelo Evelin

YOKOHAMA

<venue>

YCC Yokohama Creativecity Center 3F

6-50-1 Honcho, Naka-ku, Yokohama 231-8315

 

2018

2.10 Sat13:30

2.11 Sun20:30

2.12 Mon14:00 / 19:00

2.13 Tue17:00

*Doors open 20 minutes prior.

*Run Time60 min

<Open dress rehearsal>

2.7 Wed 20:30-   / Ticket ¥1,000

To make a reservation, please email to: koroencyo@gmail.com

 <ticket>

Adv General ¥2,500

Adv Student ¥2,000 (Junior high school and above)

Adv Parent-Child Ticket ¥3,000

(1 adult + 1 child *elementary school and below / + ¥500 per child)

*DOS are + ¥500 UP.

 

<reservation>Yokohama

https://www.quartet-online.net/ticket/atsushiheki3solo

*Toru Yamanaka (former member of dumb type) is going to perform live on the performance on Feb 10 ,11and 12!!

KYOTO

 

 

<date> 

     23rd January,2018

          open17:30

          start18:00


<venue> Institut français du Japon – Kansai

<ticket>        

                 Adv General ¥1500

    DOS General  ¥2000

       Child ¥500 *elementary school and below

     

​<reservation>Kyoto

https://www.quartet-online.net/ticket/atsushihekisolodancekyoto2018

-BOMBSHELL - bombástica -

A piece specially created by Marcelo Evelin/Demolition Incorporada for the Japanese artist Atsushi Heki

Creation and choreography : Marcelo Evelin

Creation and performance : Atsushi Heki 

Ornaments                        : Mio Heki

-Higan no Sakura-

Choreography , Performance and Song lyrics : Atsushi Heki

       Music and Sing                           : Hakumai Yamada

-Bird of Paradise-

Creation , choreography and Music : Atsushi Heki

                         Music                          : Toru Yamanaka

                                                               Hakumai Yamada

                                                          Shou Takiguchi  

            Ornament                  : Mio Heki 

 

 

Atsushi Heki

(Japanese traditional and contemporary dancer and choreographer)

He was born in Kyoto. His latest work “Bird of Paradise” was performed at Kyoto and Teresina (Brazil). Other pieces were performed at ASIA TRI JOGJA(Jogjakarta) / fifoo Program Festival (Vienna) / Kyoto Contemporary Dance Workshop Festival 20th GARA Concert / Kyoto Experiment Fringe/Institut Francais Kansai (Kyoto) .

Marcelo Evelin

(choreographer, researcher and performer)

He was born in Piauí, Brazil. Lives and works between Teresina (Brazil) and Amsterdam. his Platform Demolition Incorporada, established in 1995, His performances "De Repente Fica Tudo Preto de Gente" (2012), "Batucada"(2014) and “Danca Doente” (2017) are currently being shown in theaters around the world.

 

 

 

 

Stage director  : Tomohiko Watarikawa

Lighting  design  : Tomohiko Watarikawa

Lighting operation  : Shin Kawazoe

Costume  : Mio Heki

Production Manager  : Okamoto Haruka ( Production Kororencyo)

Flyer design  :STUDIOTooZA

Produced by : Production Koroencyo

Po-produced by : Institut français du Japon – Kansai (Performance  in Kyoto)

Co-production by Marcelo Evelin/Demolition Incorporada

Sponsored by Matsuoka Akihiko

Partners : FORUM KYOTO , Atelier hifumi , FujiyamaAnnette , ph

Supported by : Rimpa Rock/What’s Art?! event organizer , Gallery KIAN

哲学者の様なブラジル人振付家 マルセロ・エヴェリン と

ノマドな日本人舞踊家 日置あつし による

新たな世界の発露!!

‘bombástica’

カルメンミランダ と 女方

とてもセンセーショナルな組み合わせ

日本国内だけの目線では語りきれないものがそこにはある

僕たちは2万キロ離れた土地にいながら常に新しい創作を共に考えている

けれどもそこに僕たちは意味を求めていない

それよりももっと根本的なもっと俯瞰的なものを求めている

僕たちの欲望に距離や歴史的時間の隔たりは関係ない

人類の全てを交錯したパーティーを夢見ている

Carmem Miranda and Onnagata (male actor in female roles)

We are dreaming that the woman we have created is a blend of

all of humanity in one. Distance, history, time: none of it matters anymore when all becomes one.

 

'bombástica' means BOMBSHELL.

she will be called be given this name by the world, because she will become a sensation, because she will become a star.

 

Where roads and people cross, a fusion brings all back to one.

The 'scramble' crossing is overflowing, with streams of people coming and going.

 

This piece is a new creation by Marcelo Evelin & Atsushi heki, for the sake of bringing about new world.

 

横浜公演                

 

【会場】 YCC ヨコハマ創造都市センター 3F

       〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1

【日時】

   2018年

   2月10日 (土)13:30

   2月11日 (日)20:30

   2月12日 (月)14:00 / 19:00

   2月13日 (火)17:00                  *開場は上演の20分前より開始  *上演時間 60分

【チケット】

   前売 一般 ¥2,500

   前売 学生 ¥2,000(中学生以上)

   前売 親子券 ¥3,000

(大人1名+小学生以下の子供1名の料金|+子供1名につき+ ¥500)

  当日券:子供券以外の当日券は全て500円UP

              

【予約先】横浜公演

https://www.quartet-online.net/ticket/atsushiheki3solo

上記URLよりお申し込みファームにてご予約ください。

 

【公開ゲネプロがあります!】

2月7日(水) 20:30     /    チケット ¥1,000

<公開ゲネプロ予約先> koroencyo@gmail.com

件名に「2月7日公開ゲネプロ」、お名前、人数、御所属を明記の上お申し込みください。

 

急遽決定!!

10、11、12日の公演は、世界的音楽家 山中透(元ダムタイプメンバー)のライブ上演があります!!

 

京都公演

 

2018年1月23日(火)

17:30 ロビー受付開始(開場17:50)

18:00 開演

19:00 終演

 

【会場】 アンスティチュ・フランセ 関西

     〒606-8301 京都府京都市左京区吉田泉殿町8

【チケット】

  一般前売り1500円

    一般当日  2000円

       子供 500円(小学生以下)

     未就学児無料

【予約先】京都公演

https://www.quartet-online.net/ticket/atsushihekisolodancekyoto2018

=上演作品=

「ボンバスティカ-bombástica- 」

創作/振付 マルセロ・エヴェリン

創作/出演 日置あつし
衣装美術 日置美緒

「彼岸の桜」

振付/作詞 日置あつし

作曲/演奏 山田白米

「極楽鳥の森」

振付/音楽 日置あつし

音楽 山中透 山田白米 滝口翔

美術 日置美緒 

日置あつし

京都在住の振付・舞踊家。西川千麗より日本舞踊、アンジェ仏国立振付センターにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。2017年『極楽鳥の森』を京都[アンスティチュ・フランセ関西]、テレジーナ(ブラジル)[国際交流基金]で上演。『ゑみいさな』『ナルカミナ』『Orang Moss』や、能衣装(長艸京刺繍)を用いた作品群がfifoo. program(ウィーン)、京都国際ダンスワークショップフェスティバル20周年ガラコンサート、ASIA TRI JOGJA等のフェスティバルに招聘。ダンサーとしてパリ市立劇場等で出演。映画『躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』(監督:三宅流)トークゲストとして津村禮次郎と対談。琳派400年記念イベント『琳派ロック1、2』(プロデューサー:木村英輝)の振付・出演。自身の日本舞踊曲『燦煌恍至』『彼岸の桜』『高浦』等を持ち、俳優としてトリコ・Aプロデュース/サファリ・P(演出:山口茜)に所属。舞踊家としてPaula Rosolen/Haptic Hide『PUPPETS』(ドイツ)[セゾンフライトグラント]にて各国で出演中。マルセロ・エヴェリン(ブラジル)、モノクロームサーカス(京都)、リム・ペイエン(マレーシア)などと作品制作。

 

マルセロ・エヴェリン

ブラジルのピアウ州生まれの、振付家、リサーチャー、パフォーマー。テレジーナとアムステルダムを拠点として活動している。1986年よりヨーロッパで活動を始め、1995年自身の活動基盤としてDemolition Incorporadaのプラットフォームを設立する。またアムステルダムのマイム・スクールにて教鞭をとる。現在彼の作品、"De Repente Fica Tudo Preto de Gente" (2012)、 "Batucada"(2014) 、 “Danca Doente” (2017)等は世界中の劇場で上演されている。

 

 

舞台監督 渡川知彦

照明操作 川添真

美術 日置美緒

制作 岡本はるか(プロダクション航路延長)

フライヤーデザイン  STUDIOTooZA

 

主催 プロダクション航路延長

主催  アンスティチュ・フランセ 関西(京都公演)

共催 マルセロ・エヴェリン/デモリッション インコーポラーダ

協賛 松岡明彦

後援 琳派ロック/ What's Art?! 実行委員会  ギャラリー葵庵

協力 FORUM KYOTO アトリエひふみ 冨士山アネット ペーハー


 

 

 


 

​TPAMフリンジ参加作品!!

https://www.tpam.or.jp/program/2018/?program=atsushi-heki-solo-dance



 








 

© 2016 production koroencyo 航路延長